カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

闇の終焉と地球元年

ユーロやドルの危機はニュースなどからも明らかですが、中国経済の減速も表面化し始めましています。

既存のシステムが行き詰まり、どんどん壊れていきます。

紙切れ(紙幣)を印刷する権利を使って世界をコントロールし、支配してきた歴史に幕が下りようとしています。

今までの価値観だと不安ばかりが先行してしまいますが、世界を裏から支配してきた誤った文明が地球も人類も蝕んでいたことが理解できると、正しい世の中に転換できるチャンスだと理解できます。

伊達巌氏の著書「聖書の暗号は知っていた」では世界資本と秘密結社に潜む陰謀組織の実態を聖書の暗号解析から数々の証拠として解き明かしてくれました。

話題になっているドキュメンタリー映画「THRIVE」では、それらの事実を分かりやすくまとめられていました。

イオン・アルゲイン氏の聖書の暗号解析では「悪のコード」と「愛のコード」が伝える我々人類にとって大切な情報が埋めこまれていることを教えてくれたました。

船井幸雄氏の「聖書の暗号の大事なポイント」では、人類のルーツにまで鋭く切り込んだ仮説は、私たち一人ひとりが目指すべき大切な生き方を示してくれました。

その聖書の暗号には「日月神示」がとても大切だと何度もでてくるようです。

未来の預言書として最も注目されているのが「日月神示」。

「日月神示」研究家の中矢伸一氏と「闇の権力のタブー」に立ち向かっているベンジャミン・フルフォード氏の対談で見えてきた未来とは?

闇の権力者たちの最後の悪あがきと、世界の大きな流れは日月神示の預言どおりに・・・?

大難を小難にするためには、日月神示が教えてくる生き方が大切だと。

オススメの一冊の紹介です。

「闇の終焉と地球元年」中矢伸一&ベンジャミン・フルフォード

闇の終焉と地球元年

著者:中矢伸一&ベンジャミン・フルフォード

目次を紹介

【第一章】日本、そして世界は、新しい世の中への分岐点にいる

・日月神示が予言した“石屋”こそ、フリーメイソンのことだった!

・大変革の時代における日本の役割とは?

・金融の世界の裏にあるもの、それは“精神世界”

・3.11は、石屋による人為的なものだった

・お金が支配する世の中は、やがて終わる

・未来の日本は、“3分の1”になる!?

・それでも、今の文明は滅びない

・石屋を退治するには、“抱き参らせる”こと

・悪い奴ほど改心が早い!?

・日本人は、なぜ“しょうがない”と思うのか

・石屋は、聖書の預言の実現を目論んでいる

・今後のアジア、アメリカの行方は?

・明治以降に作られた国家神道は、一神教がモデルになっていた

・アジアをひとつにしたくない石屋の魂胆とは?

・石屋は敵に回さない戦略でいく

【第二章】日本人のルーツと精神性を紐解く

・日本人の祖先はユダヤ人だった

・宗教間の争いはささいなことが原因だったりする

・日本人のアイデンティティを探して

・NOといえない日本人

・日本人は、宗教はキライ、でもスピリチャルは好き

・大本教とユニテリアンの共通点とは?

・国家神道は古神道からどのように変化したか

・一神教のルーツは古代エジプトのヒクソス

・日本の神と仏の歴史

・“サンカ”は、日本の中のユダヤ

・日本の構造のルーツは、縄文時代にあり!?

・日本人のルーツはユダヤ系に朝鮮系、そしてシュメール系?

・秘密結社は、2種類存在する

【第三章】新しい文明の黎明は日本から

・ガイアの法則によれば、次の文明は日本の関西からはじまる!?

・2012年12月21日に、一度、この世界を終わりにする

・人間は神が創ったのではなく、神から生まれた

・平和で豊かな時代が到来したら問題になることとは?

・アジアと欧米は、五分五分の関係がベスト

・国際問題は格闘技で解決させる!?

・新しい時代のモラルを考える

・天皇のあり方はこのまま継続

【第四章】人類はマルチユニバースの中にいる

・UFOやETも欧米エリートたちの作品

・マルチユニバースのどこかにUFOは存在している!?

・人類はシミュレーションの中で進化してきた

・フリーエネルギーを扱うには、人類は未熟すぎた

・輪廻転生と永遠の命について

・バーチャルリアリティの世界の罠とは

・不思議体験は、ユダヤ人へのメッセージ!?

・今、人類は次のレベルへ行こうとしている

・悪魔は、人間の邪気から生まれた

・西洋のドラゴンと東洋の龍

【第五章】地球元年に向けて

・今度は、欧米が日本から学ぶべき

・ひとりの王様が世界を支配し続けてはダメ

・オリジナルのキリスト教は神道に近い

・宗教から消されてしまった女性性

・天皇に日月神示が降りなかった理由

・未来の日本は、北からよくなる

・2012年から2013年にかけてが、正念場の時期

・完全なる悪なら、この世に存在できない

・世界を良くするためには、家の掃除から!?

闇の終焉と地球元年

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=13604&eid=185

ページトップへ