カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

『ユダヤ・ロスチャイルド世界冷酷支配年表』

気になっていた本、買っちゃいました。

学校での歴史の勉強が大嫌いだったのに、こんなに分厚い年表を一気に読んでしまいました。

歴史って、本当は実に興味深いんですね。

「ロスチャイルド」と聞くとお金の力で世界を動かしている大富豪と思いがちですが、お金の力だけではない、「悪魔主義的イデオロギー」と表裏一体だった。

この著書の中で、世界の大富豪でユダヤ人だといっている人たちの殆どは、アシュケナージ・ユダヤ人(偽ユダヤ人)だと説明しています。

ドイツの強制収容所で、600万人のユダヤ人が殺害されたといわれるが、本当の事はわかりません、確かな証拠はないといわれています。

しかし、ヨーロッパの国々に、ホロコーストを否定すると犯罪という法律まで作っている偽ユダヤ人の影響力とは恐ろしいですね。

彼らは、このホロコーストを事実だということにして、犠牲者を演じ、ほかの人種に対する自分たちの非道な行為を正当化するために、この武器を持ち出す。とヒッチコック氏はいっています。

世界で発生する紛争やテロ・戦争の真実とは?

読んで「なるほど」と思うとともに恐怖も感じます。

金融資本主義による大富豪の世界権力とは、邪悪で冷酷な闇の歴史から成り立っていた。

人間って本当に怖い動物なんだなあと思うとともに、世界を動かしている人たちって私たちと同じ人間なんだろうかと思ってしまうほどです。

もしかしたら宇宙からやってきた別の種類の人間(?)なのでは・・・。

『ユダヤ・ロスチャイルド世界冷酷支配年表』

アンドリュー ヒッチコック(著), 太田龍(監修)

●本の内容

フランクフルト発祥の両替商と5人の息子・5人の娘、ロスチャイルド一族が、世界金権王朝を築きあげ、全世界の富と権力を手中にしていった。冷酷なまでの支配の歴史が今、すべて明かされる。

「起」の章 740‐1897―全人類奴隷化・絶滅への助走期

「承」の章 1898‐1935―邪魔者は消し去れ!!の闘争史

「転」の章 1936‐1973―人類史上最大最悪の悲劇が繰り返される

「結」の章 1974‐1996―すべての財を「我」に渡せ!!

「新」の章 1997‐2006―全地球人よ、冷酷支配から抜け出せ!!

解説 世界権力の邪悪な歴史を知れ

ユダヤ・ロスチャイルドの歴史を西暦740年から2006年まで歴史年表として網羅、世界を操るユダヤ・ロスチャイルドの恐るべき実態と闇の歴史の真実を満載。その世界冷酷支配の全貌を明らかにする。

●内容紹介

740年「ハザールの地で現代ユダヤ人誕生」から2006年「ロスチャイルド、中国金融市場を蹂躙」まで、恐怖のあまり誰も記せなかった暗黒の世界史年表、日本語版ついに登場!

フランクフルト発祥の両替商と5人の息子・5人の娘、ロスチャイルド一族が、世界金権王朝を築き上げ、全世界の富と権力を手中にしていった。冷酷なまでの支配の歴史が今、すべて明かされる。

●本書より一部引用(P36)

イングランド銀行設立と国債発行への道

1688年:A・N・フィールドは、一九三一年出版の著書『すべてをつなぐ真実(All These Things)』で、この年のイギリスの様子を説明している。これが、クロムウェルがユダヤ人入国禁止の法を無視する決断をし、ユダヤ人が法に背いてイギリスに戻ってからわずか三三年後の状況である。

「クロムウェルがユダヤ人をイギリスに入国させるようになってから三三年後、オランダの王子がユダヤ金融の中心地アムステルダムから大勢のユダヤ人を引き連れてやって来た。義理の父をイギリスから追い出した王子は、イギリスの王位に就くことをありがたく承諾した。当然の結果として、六年後、王室に金(かね)を貸す目的でイングランド銀行が設立され、国債が発行された。ユダヤ人がやって来るまでのイギリスは借金などしたことはなかったにもかかわらずである」

本書の価値について

序文

太田 龍

●世界史と国際情勢を読み解くための必須知識

〜より一部紹介〜

本書の著者、アンドリュー・キャリントン・ヒッチコックは、現在三六歳の英国人。英国(イルミナティ)崇拝一色に塗り潰されている現代日本人には、このような、首尾一貫した、根底的な反ユダヤ的思想家が、若い世代の英国知識人から突如出現したこと、それ自体が信じられない事実であるだろう。

〜中略〜

本書は、一七四四年ドイツ・フランクフルトに生まれたアシュケナージ・ユダヤ、マイヤー・アムシェルバウアー一族の年代記のかたちを取った「ユダヤ世界支配の秘密の歴史」てある。

●御用研究者のプロバカンダ情報に騙されてはいけない

〜より一部紹介〜

しかし、日本人のほとんどが誤解しているように、それは単なる「金権」王朝ではない。「金権」は、「オカルト」「オカルト的宗教」「悪魔主義的イデオロギー」と表裏一体。つまり、この二者は緊密不可分に融合している。

〜中略〜

アンドリュー・ヒッチコックは、「一七七〇年(ロスチャイルド二六歳)、マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドは『イルミナティ』の結成を企画して、ヴァイスハウプトにその実行を委託した」と記述する。つまり、ロスチャイルドは、活動のそもそもの当初期において、金融家兼ワン・ワールド(世界国家)実現を目指すオカルト的世界革命家として、同時に着手しているのである。

●監訳者でさえ初めて知る貴重な情報、重要な事実の数々

〜より一部紹介〜

私はこの一六、七年来、厖大よ量 のヤダヤ・フリーメーソン・イルミナティ問題の英語文献を蒐集して日本人有志に紹介してきた。しかし、ヒッチコックの本書に示されている事実と情報の優に半分は、私も初めて知るものである。そのうち幾つかを挙げてみよう。

〜中略〜

二〇〇七年、日本の読者は『ロスチャイルドの秘密』(ジョン・コールマン博士、太田龍)共書を得た。そして二〇〇八年、ここにアンドリュー・ヒッチコックの『ザ・シナコーグ・オブ・サタン』
(『ユダヤ・ロスチャイルド世界冷酷支配年表』)が上梓される。この二冊を熟読し、座右に置いて参照すれば、ロスチャイルドに蹂躙された世界史と国際情勢を読み解く、日本人の思想水準は飛躍的に向上することであろう。

平成二〇年八月八日記   太田 龍

1790年☆マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドは、こういった。

「私に一国の通貨の発行権と管理権を与えよ。そうすれば、誰が法律を作ろうと、そんなことはどうでも良い。」

ユダヤ・ロスチャイルド世界冷酷支配年表

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=13604&eid=214

ページトップへ