カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

言霊はこうして実現する

最近では、宇宙の構造は目に見えないミクロの世界から、太陽系などのマクロの世界まで、相似性を持っていることがわかってきました。

私たちの身の回りにある物質の構造も例外ではありません。

量子力学では、電子や陽電子は対消滅によって瞬時に消滅してしまうが、「対称性の自発的な破れ」によって消滅せずに質量を持ち物質ができるとう理論があります。

また、日本語のルーツは1万年以上もさかのぼることができるといいます。

その日本語の研究に半世紀以上取り組んできた七沢賢治氏は、伯家神道の秘儀継承者であり、日本語の研究から神話と最先端科学との共通した考え方が見えてきました。

言葉の大切さを深く理解できる一冊です。

『言霊はこうして実現する』伯家神道の秘儀継承者・七沢賢治氏が明かす『言霊』と『テクノロジー』の融合

伯家神道の秘儀継承者・七沢賢治氏が明かす神話と最先端科学の世界

言霊はこうして実現する

著者:大野靖志

◎目次

●プロローグ

 言霊によって現実を変える具体的な方法を初公開

 どうして日本語は美しいのか?

 言霊(ことだま)は「単なる迷信」ではない(他)

●第一章 言霊に秘められし霊性を呼び覚ます

●第二章 伯家神道が明かす神道の深層

●第三章 言霊・神道と最先端科学の融合

●第四章 言霊で現実を創造する方法

●エピローグ タミの時代に求められる新たな帝王学とは

●特別寄稿 

●巻末付録 伯家神道の四つの祓詞

●あとがき 

〜 プロローグ から一部紹介 〜

 言霊は「単なる迷信」ではない

その日本文化の根幹となっているのは神道(しんとう)という自然発生的な宗教であり、さらに神道の深層に連綿と流れる「言霊(ことだま)」という考え方は、そのまま日本語や日本人特有の感性にも連結してきた。

『万葉集』収載のいくつかの歌に「言霊の幸(さき)はふ国」という記述が見られるように、日本はまさに言霊の国であったのだ。

その言霊の考え方を簡単にいうと、「言葉には現実の出来事を引き起こす力がある」となる。そこで、神道においては祝詞(のりと)を奏上するときには絶対に誤読があってはならないとされ、また現代でも、「切れる」「終わる」といった言葉は結婚式などで忌み言葉とされている。

つまり、言霊は単に宗教的概念というだけでなく、日本人の感性や文化、そして日本語の性質にも深くかかわる考え方なのだ。

このような「良い言葉を口にすると良いことが起きる、悪い言葉を口にすると悪いことが起きる」という考え方は日本人の自然な感覚であり、それは漢字が伝来したときに、「言」と「事」の音が区別されなかったことにも表れている。

つまり、「言葉」がそのまま「出来事」を引き起こすと考えられていたのである。

〜 ここまで 〜

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=13604&eid=174

ページトップへ